<   2005年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧
なんてこったい

 今日、自分のPCにこんなメールが届きました。


2月5日に東京に行くことになったから
バイト終わったら、そのまま拉致るんで
そのつもりで…(もう来週だけど…)
帰りのことを考えたら
バイトは歩いて逝った方がエエね。





 犯行声明!?Σ( ̄ロ ̄lll)




 ……いや、まぁ普通にしそ☆クラゲからのメールだったんですが、うん、あの、なんていうか……






 ( ´Д`)






 ナニよ来週って……ナニよバイト後拉致るって……
 しかもその目的がまず間違いなくAIR劇場版を観るためなのですから恐ろしいです。見終わったらとんぼ返り確実だというのに強行する気です。
 自分がバイト終わるのが午前三時です。そこから、恐らく車で行くことになると思うので、まぁ東京に着くまで十二時間は掛かると見てもいいでしょう。どーせ高速には乗らないだろうし。
 となると着くのが日曜午後五時。どーせどの劇場に行くとか決めてないでしょうから、劇場探しで少なく見積もって一時間
 日曜午後八時にAIRを観賞し終え、即帰宅しても月曜午前八時。
 自分はその日バイトありますが深夜なのでいいとしても、しそ☆クラゲと黒小僧はバリバリ仕事です。コイツラは本気でこんなことを実行しようとしてるのでしょうか。正気の沙汰じゃありません。

 どーせこの東京行きも、

「なぁ黒小僧、二月五日にもう劇場版AIRの公開始まるぞ」

「マジかッ!」

前売り券買っちゃってるし行かなきゃ駄目だよなぁ東京」

「マジかッ!」

「といっても、俺らとKyoの時間の都合が合う日って日曜くらいしか無いもんなぁ」

「マジかッ!」

「ん? 二月五日って土曜日じゃん。よし、逝くか!!


「マジでかッ!!」


「マジだッ!!」


 とかっていう会話で決定されたに違いないのです。ていうか書いてて本当にこんな会話だったのではとかって思えてきました。しそ☆クラゲ、黒小僧……恐ろしい子ッ!

 まぁ流石に一般道は無茶だと思うので高速になると思うのですが、そうすると想像以上にお金がかかるんですよねー。仙台から東京までって一万以上かかりましたよね? あー、しかも今日と明日大雪がふるらしいじゃないですかー。高速に雪が積もったままになると到達時間はトンデモナイことになりますよー。……うお、なんだか怖くなってきたぞ。

 誰か東京で自分らを劇場まで迅速に誘導してくれる人切実に募集。

 こんなことも頼めてしまうくらいボクの心は不安爆裂です。
 とりあえず主犯の二人を問い詰めて詳細を吐かせます。絶対“東京へ行く”ということ以外なにも決まってないんだろうですが。コイツラの突発企画を成功させるために情報を集めるのって自分なんですよね……毎回ネットで検索して情報収集……疲れるんだよなぁコレ。しかも今回目的地遠いし。ていうか遠すぎるし!

 ……………………………………

 さ、ラジアータやろう。←逃避



 ふぅ、今週の土曜日~日曜日は激務になりそうじゃわい。時間との戦い、疲労との戦い、都会との戦い。嗚呼、恐ろしい。
 はぁ……それでは今日の日ッセイは先行きの見えない未来に不安を覚えながら終了しますよ。お疲れ様でした。また明日っす。
[PR]
by kyo-orz | 2005-01-31 04:59 | 日常記
『イリヤの空、UFOの夏』の先行プレミアム配信見たよ

 うん、普通に良アニメです。
 いや、普通以上に良いアニメであるでしょう。それは間違いない。
 OP曲開始時に「むっほぅ!」と吼えてしまったし、初っ端から水前寺部長のお声を拝聴することが出来てもう気分は最高潮だった。
 詳しいことは分からないけど作画なども随分綺麗だと思う。
 声も、榎本に違和感を感じたけど、浅羽も伊里野も、椎名真由美に至ってはどハマリだとすら思った。
 多少どころじゃなく展開スピードが早いけど、まぁ前六話であることを考えると仕方ないことだと思うし、原作を知らない人なら十分に楽しめる作品であると思う。

 しかし、

 しかしながら私は声を大にして言いたい。
 確かに良アニメだ。確かに面白い。失敗では間違いなく無いと思う。


 でも――認めることは出来ないッ!!


 何故かと言えばその理由はただ一つ……

 これは『イリヤの空、UFOの夏』であって『イリヤの空、UFOの夏』では無いッ!!

 物語としては『イリヤの空、UFOの夏』であるけれど、作品としては『イリヤの空、UFOの夏』では無い――私はそういった感想を抱きました。
 詰まるところ私は何が言いたいのかというと、

「秋山瑞人要素ゼロじゃんかよーーー!!」

 まぁ、こういうわけです。
 自分はイリヤのストーリーよりも、むしろ作者さんの文体に惚れこんでいるわけなのです。この、まさに鬼才としか言えない作者さんのあの世界を表現してほしかった! や、自分でも「そんなの無理だってばよ」と確信を持って言えるし、秋山風味のアニメなんてのが一体どのようなものになってしまうのかまったくもって想像できないので、これ以上のことは言えないのですが……それでも納得せずにはいられない!

 ……ま、それでも残りの話が配信されたら見ると思いますけどね。だって好きですし、イリヤと水前寺と榎本が。
 部長の「おっくれてるーーーーー!」と晶穂の「ばっかみたい」が聞けたのは嬉しかったです。
 イリヤを読んでない人がこれを見て、浅羽と部長にどんな印象を抱くのか非常に興味があります。……浅羽のヘタレっぷりはまぁ出てるので良いとしても、部長がただの変人になってる気がしてならないのです。
 みなさん、水前寺はスーパーですよ! 部長はハイスペックですよ! イリヤは電波の子じゃ無いですよ!!
 うん、そのことだけ知っておいてもらえればボクは安心だ。安心してラジアータ王国に旅立てるよ(唐突!)。

 興味があったら見てみてください『イリヤの空、UFOの夏』。
 あ、(多分)公式ページはこちらですよー。

 東映アニメーションのイリヤページ


 興味が無いと思ってるそこの大きいお友達。
 そんなあなたにトテモ有益な情報アルヨ。(突然中華)
 あのね、それはね、えっとね――



 乳首が出てたよホントだよっ!!



 よし、これで当社比十五倍でイリヤを見る人が増えるだろう。うっしっし。嘘偽りではないのでジャロに訴えられる必要もありません。さぁ、みんなで乳首を凝視するがいいさっ!! あははははーーーー!! あ、当然おんにゃの子ですじゃよ? 序盤でも出てることは出てるけど、需要は限りなく低いと思うよ。うふふふふ。


 ………………


 _| ̄|○←なんとなく鬱


 うん、それじゃ今日はここまでなのね。お疲れさまなのね。また明日なのね。
 あ、最後に一言だけ。

 電気の味……それはきっとアルミホイルをバリバリ噛んだときの味に違いないッ!
[PR]
by kyo-orz | 2005-01-30 05:04 | 戯言などなど
烈火の如く『ラジアータストーリーズ』

 先日、戦闘が一辺倒と申しましたKyoです。
 撤回します。
 や、別に「うっひょ楽しいぃーーー!!」ってほど楽しいわけでも無いのですが、命令とリンク(特殊な陣形のようなもの)の細かな指示、近い敵から適当に殴りだす仲間たちを横目に厄介な敵を始末して回る“縁の下”的作業……といった具合に、まぁぼちぼちこの楽しさを理解できてきたかもしれませぬ。
 この「リンク」を使用すると仲間キャラが所有するスキル(最大HPアップや地属性耐性など)を主人公が取得できるのですよ。アクセサリーとは違った装備枠のあるアクセサリーといった感じでしょうか。各キャラに一つずつ装備されていて、そのキャラを仲間にして戦闘で「リンク」を行うと稀にそのスキルを覚えることができるというわけです。多種多様なスキルがあり、これがコレクター魂に火をつけるのですよ。普段なら絶対使わないようなキャラでもスキルのために仕方なく使ってみたり、そしてそいつが意外に強いことに気付いちゃったりするとなんだかほんわか嬉しいです。
 仲間キャラも既に四十人を越え、かなりの大所帯になってきました。ていうか仲間集めだけでストーリーまったく進めずに六時間以上街を徘徊したボクは頭が悪いと思いました。このゲーム、まったりプレイするには攻略本が必須です。うん。

 唐突ですが、主人公の中の人がナルトの人なので、「~だってば」という台詞があると自分で「だってばよ」って言い直したりして遊んでます。あ、今日ナルトのアニメじゃん!
 というわけで、疲れてグダグダになってるのを重々承知で今日の日ッセイは終わりですのよ。ふぅ、お風呂に入ってスッキリしてからまたラジアータ王国に旅立つとしますかな。現時点での仲間集めも一通り終えたので、ガスガスストーリーを進めていこうと思ってまっする! んじゃ、さよならッス! また明日ッスーー!!
[PR]
by kyo-orz | 2005-01-29 03:06 | ゲーム記
当然の如く『ラジアータストーリーズ』

 えー、一分一秒が惜しいので、取り急ぎ良い点と悪い点を挙げさせていただきます。

 『悪い点』
 ・マップが複雑
  城も城下町(?)もお外も複雑すぎる!
  そして見づらいマップ……基本画面に向いてる方角とか欲しかった。

 ・戦闘が一辺倒
  まだ序盤で多様な敵と出会っていないからかもしれませんが、
  戦闘が単純で楽しく無い。(命令は出来る。リンクはまだ)
  もう一~二要素何か欲しかったかもー。


 おろろ? 挙げてみると二つだけですか。いや、でもどちらもかなり重要な要素ですなぁ。ていうかマップと戦闘が悪い点って、ゲームの大部分を否定したような……。
 ま、まぁ気を取り直して良い点にまいりますよー。

 『良い点』
 ・掛け合いが面白い
  ストーリー進攻の際のキャラクター同士のやり取りが面白いです。
  かなり面白いです。序盤結構声を上げて笑わさせていただきました。
  今後も楽しいやり取りを強く所望しますね。

 ・仲間がリアルタイムで生活
  『ラジアータストーリーズ』の大きな特徴であるこのシステムですが、
  なんの情報も無しに一人のキャラを探すのは困難極まります。
  しかし、ふとした場所で気に入ったキャラに突然出会うと、なんていうか……「うふふ」って感じになります。
  この楽しさ、PC版の『To Heart』に通ずるものがあるかも。
  よし、ここに行ってみよーうおお前こんなところにいたのか!(*´Д`*)ハァハァ
  みたいな。
  町を彷徨うだけで数時間潰せます。自分は潰せました。

 ・リドリー(ヒロイン)は絶対萌えキャラに進化する。間違い無い。

  所謂ツンデレだと想像。つまりそれ最強。


 こーんな感じですかなー、とりあえずの所感は。
 ま、自分はまだまだ序盤だと思うので、これからどんどん変わっていくことでしょー。
 さぁて、戻りますかなーラジアータ王国へー。
 それではみなさん今日はこのへんでお別れですよー。また明日お会いしましょう。グッドラックっす!
[PR]
by kyo-orz | 2005-01-28 06:10 | ゲーム記
『ラジアータストーリーズ』準備万端!

 飲み物、食べ物、心構え、全て完璧!
 いつでもどんと来ーーーいや!!

 今日の自分の予定はこんな感じですよー。

  4:15 日ッセイ書き終える
  4:45 入浴
  5:30 まったりネット巡回
  6:00 就寝
  9:30 復活
 10:00 朝食食べて『ラジアータ補完計画』発動
 10:20 我、修羅と化す

 中学生の時分にスパロボ(確か α )を一日で30話進めた(しかもバリバリの平日)あの鬼神ぶりを再び発揮してやろうと企んでます。今回はRPGなので止め時ってやつを見定めるのが難しそうです。家ゲーで廃人と化さないように気をつけつつプレイすることをここに誓います。
 リアルタイムで更新するか、いつも通りの時間に更新するかはまだ未定ですー。もしかすると日ッセイをブッチするかもしれません。その時は皆さんで力をあわせて罵詈雑言を発射し、自分を現実世界へと引き戻してやってください。これが私からのただ一つのお願いです。

 と、まだ少し予定時間に余裕があるので、『ラジアータストーリーズ』について少々語らせていただきましょうかね。
 このゲーム、何が凄いって仲間になるキャラクターの数が凄いのです。その数なんと150人以上。物語に関わってくるキャラクターが、ではありません。戦闘メンバーに加えることができ、もしかしたらラスボスにも共に挑戦するかもしれない列記とした仲間が150人以上いるのです。
 なんか色々な記事を読んでいると、仲間になったキャラだったか仲間になるであろうキャラは主人公の拠点の城で生活をするらしいです。なんとなく『幻想水滸伝』を思い起こさせますね。ラジアータには時間の概念があり、キャラクター達も時間帯によってそれぞれ違う行動をするらしいです。気に入ったキャラの一日を執拗にストーキングするのもなかなか面白そうですね。
 なんたって150人ですからねー。最低でも一人は好きなキャラクターがいるでしょう。自分は既にヒロインのおにゃのこに心を奪われかけてますが。あ、あとあのちっちゃいおっさん。双方萌え。どちらかというとおっさん萌え。
 ふっふっふ、こりゃあ楽しみですなぁ。プレイ前からこんなに楽しみにしちゃってていいものなのだろうか。実際プレイして愕然とするなんてことは無いだろうか。いぃや大丈夫でしょうなんたってトライエースさんの仕事です。『SO3』にロリヴァルキリーロリフレイ(どちらもヴァルキリープロファイルの女性キャラ)を登場させるような会社です。僕らの期待を裏切るはずがありません。期待と安心の方向性が間違ってる気がしますが、そこはスルーするのが大人ってやつです。
 よぉし、バッスンバッスンプレイするぞーーーー!

 てな具合で良い頃合いですかな。
 よし、それじゃ今日の日ッセイはここまでッスよー。お疲れ様でした。また明日ーーッス! 元気でね、みんなッ!!
[PR]
by kyo-orz | 2005-01-27 04:18 | 戯言などなど
『咎人』

 ある日、家に帰ってくると郵便受けに封筒が入っていた。
 宛名は無し。色気も味気も無い真っ白い封筒。その白が、俺の目を焼く。
 穢れの無いその色が、俺を嘲笑うかのように見えて、ひどくイライラする。
 ――いつもうんざりするほど投入されるチラシ群と共にゴミ箱に突っ込んでやろう。
 そう思い立って、初めてそれに気付いた。
 いつもうんざりするほど投入されているはずのチラシが、一枚たりとて存在していなかった。
 途端に、手の中の白い封筒が存在感を増した。
 あるはずのチラシが無くて、無いはずの封筒がある。

 ぢぢぢぢぢぢぢぢぢ

 古臭いアパートの死にかけの電灯が唸り声を上げた。まっ黄色の汚い光を投げかける電灯のほうがよっぽど現実感があった。
 ――やっぱり捨てよう。こんな得体の知れないものに関わる必要は無い。
 そう決断し、真っ二つに破ってやろうと掴みなおしたところで、それに気付いた。気付いてしまった。
 薄く透けて見える、中の手紙らしき紙に書かれている文字の一つ。


 罪


 ぢぢぢぢぢぢ チカ ぢぢぢ チカッ
 電灯が唸りと明滅を繰り返す。
 深夜の静寂に包まれているアパートで、黄色と黒が交互に支配する世界で、俺は。
 止めろ。
 と何かが言う。それは良いものじゃない。見て得することなんて万が一にも在りえない、と。
 その通りだ。
 と何かが言う。それは良いものじゃない。見て得することなんて万が一にも在りえない。

 ――だが、お前はそれを見なければならない。そうだろう? 咎人よ。


 びり


 封を切った。中には一枚の紙切れが入っていた。
 止めろ。今ならまだ間に合う。自分から首を突っ込んでどうする。
 五月蝿い黙れ。もう手遅れだ。この手紙がここに届いている時点で、もうどうしようも無いところまで来ているのだ。
 紙を取り出した。何の特徴も無いただの真っ白い紙だった。
 そこには――
 止めろ止めろ止めろ。見るな見るな見るな。
 目を開けろ前を向けそして進め。行け行け行け。

 チカ チカ チカ チ

 電灯が死んだ。古臭いアパートは、深夜の静寂と圧倒的な黒に支配された。
 真っ白い紙には、ただ一言、

 『私は貴方の罪を赦す』

 そう、書かれていた。


 ――――終わった。何もかも。


 光を宿さない電灯を見上げ、思う。

 ――俺も死のう。

「おーい」

 生きることが罰だった。なら、許されたのなら死ねるというのは道理だ。
 やっと、死ねる。……ようやく、解放される。

「もしもーし」

 辛い毎日だった。死にたいと考えない日は無かった。それが終わる。
 それは、なんて……なんて――

「聞いてるのかコラ聞こえてるのなら返事しろボケがぁっ!」

 どげしっ

「痛ぇ!!」

 蹴られた。ふくらはぎの辺りに重い痛みがある。
 蹴りと声のきたほうを見る。

「誰だこのやろ―――」


 死。


 それが、そこに在った。

「や、どもども。あたくし生まれも育ちも死神界アズラエルの生粋の死神でさぁ。名前は――あー、アフで良いや。それであんたはいま死のうとしてたね? 間違い無いね?」

 美しい黒色の肌。艶やかな黒髪。風も無いのに舞う黒衣。闇を一身に掻き集めたように黒々と輝く――巨大な鎌。
 名乗られなくても理解できた。きっとその姿を見ずとも理解できただろう。
 こいつは、死神だ。
 死を支配する神だ。それ以外の何ものでも無い。それ以外であって良いはずが無い。
 だってこいつはこんなにも、

 ――――――美しい。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 始めは死神なんて出す気ありませんでした。
 ちょっと暗い不思議世界を演出できればそれでよかったのですが、何故このようなことになっているのか。前提を覆す男、Kyo!! 此処に推参ッ!
 郵便受けに謎の封筒が――というキーワードだけで書き上げたモノ。ホントは手紙の文字を読んだ時点でスッパリ終わらせようと思っていたのに、うまく纏まらなくて作品世界から逃亡し出来上がった迷作。
 ――今度は逃げない。
 そう誓った今日この頃。や、ごめんなさい嘘つきましたそんなに反省してません。
 唐突に思いついた妄想を突発的に文字に起こす。嗚呼、楽しきかなその創作。

 よし、適度に気も抜けたし、『欠けしもの達の満ちた日常』の二話の仕上げにいきますかなー。二話は由兎のお話ですよー。思ったより軽く書けてないけど、三話目からははっちゃけて行こうと企んでます。宜しければお付き合いくださいな。
 それでは今日はここまでですよー。御疲れ様でした。また明日ーッス!
[PR]
by kyo-orz | 2005-01-26 02:20 | Kyoの30分創作
『イリヤの空、UFOの夏』のアニメっすよ

 途轍もない今更感を感じますが、アニメっすよアニメ!

 自分が大好きな、今でも何度か読み直す、文字テンションが低いときにも読む、あの『イリヤの空、UFOの夏』のアニメっすよーーー!

 東映のイリヤページ

 ここのムービーを是非にご覧になってくださいなー。なかなかに良作のにほいがします。歌が良い感じです。アニメーションも細かく動いてるように見えます。イリヤの声も違和感無く受け入れられます。
 うん、問題ない。ここまでは。
 あのさ、



 全六話ってどゆこと?



 アニメって一話三十分ですよね?
 アニメイトの特集ページによると、
 一話 ・ 第三種接近遭遇
 二話 ・ ラブレター
 三話 ・ 十八時四十七分三十二秒(仮)
 らしいです。うん、なるほど。ここまでなら問題なくストーリー形成できるだろうきっと。一話三十分の中に必要なパーツを組み入れて重要な伏線を紛れ込ませ『イリヤの空、UFOの夏』を作ることができるだろう。
 でも、残り三話、かなり急ピッチで物語を進めなければ終結しませんよね。
 鉄人の死闘、ボーリング、髪。これを一話として、
 逃亡劇、学校、線路。これを一話とする。
 逃亡劇②、親戚、帰還、空母、エピローグ。これをラストの話とする。

 んー、出来なくないこともない……かな。

 うー、でも不安だなぁ。ちゃんと終わらせることが出来るのかなぁ。
 ま、多分DVD買わないんでこんな心配してもどうにもならんのですが。先行プレミアム配信は絶対見ますがねッ!
 榎本と水前寺の声が聞ければボクはそれで良いんだ。一話に水前寺が出てこなかったからどうしようボク。祈れ、ボク。あ~めん。


 ここでアニメから離れて、作者の秋山瑞人さんのことについて少々――と行きたかったんですが、なんか疲れてしまったので今日はここでお終い! また明日とか明後日とか明々後日とかもしくは季節が変わる頃には書きます。一応今のところ一番影響受けてる作家さんですしー。語ることは結構ありそうですなー。同作者の『猫の地球儀』もいま読んでますしー。くくっ、この人は本当に○○だぜッ!
 んではそゆことで今日は終わりですよー。御疲れ様でした。また明日ーッス!
[PR]
by kyo-orz | 2005-01-25 06:14 | 戯言などなど
新たなる文字ネタ~そして伝説へ~

 今度のもファンタジーです。
 コテコテ且つ使い古された王道過ぎるにも程があるほど王道ちっくな設定ですが、あらすじと題した妄想殴り書きからその物語容量を見定めてみると、もしかしたら小説一冊出来るくらいになるのではなかろうかとの見識を、Kyoが発表しました。脳内で。
 ありがち万歳な内容ですけど、その世界観、世界背景はお気に入り。特に“アレ”の概念なんかはかなり良い感じじゃなかろうかと自画自賛。……まぁ、こんな設定探せばいくらでも見つかりそうなので、今だけの自画自賛になりそうですが。
 だってまず――

 高校生が異世界に飛ばされる。

 ほら、すぐに三つは思い浮かぶでしょうこんな物語。
 永遠のアセリア……十二国記……えーと、あと一つは……ライトノベルコーナーに行けば大量に見つかるでしょう。うん。あ、なんか今真っ先に思いつくのがエロゲーかYO!! って声が聞こえてきました。私はむしろそれを誇りに思っている!!
 いやぁそれにしても、構想(妄想)の段階ですら途方も無く長くなると容易に予想できるこのお話……一体いつ書き始めれば良いのでしょうか。結構ややこしい構造をしているので、現在の自分の力量では纏めることが出来なさそうです。いま“書きたい候補”に挙がっている作品をあらかた片付けてからの執筆になりますかねー。その間にこのファンタジーを仕上げれるだけの力をつけなければならないわけですな! ふっ、一つの物語を完成させたいがために別の物語を紡ぐ……。なんか、カッコいいジャン?
 うっし、『欠けしもの達の満ちた日常』を何話かバリバリっと書き上げてストックし、今回妄想した方じゃ無いファンタジーものの『空の蒼 風の導き』の製作に入りますかなー。どちらも一話完結型ってのがちょっと気に病みますなぁ。ふむ、一本の連続したストーリーの長編も考えてみますかね。あー、もうとにかく文字だらけの未来だー! や、楽しいですが(笑)。

 さぁ、今日はこのへんで終わりますよー。あ、そうそう、篠塚さんに初トラックバックしてもらったのですよ皆さん! いやぁ感激ですね! ブログ歴三ヶ月で初めてブログ特有の機能を活かしたのですよ! やっぱ使えるものは使っていかなきゃあきませんね。というわけで自分も、こちらからの初挿入トラックバックをするべく目を光らせることにします。いま一番危険なのは篠塚さんです。へへへっ、これで迂闊な記事は書けなくなりましたな。気を抜くと後ろからズブリですぜ。
 そんな犯行声明を発表しつつお別れですよ。また明日お会いしましょー! グッバイっす!!


 あ!(まだあるのか)
 ついに著作『欠けしもの達の満ちた日常』が「楽園」に登録されましたよ!
 検索で探し当てるか、今なら「現代物」の1ページ目の上のほうにあるので、良かったら読んでくださいー。そして面白かったら投票してみたってくださいー。推薦文なんか書いてもらっちゃったりしちゃうと真顔で鼻血を垂らします。右の鼻から。宜しくねっ!
[PR]
by kyo-orz | 2005-01-24 03:35 | 文字語り
『ラジアータストーリーズ』買うよ

 買うよ! 惜しげもなく買っちゃうよ! いいの!? ボクにRPGやらせて本当にいいの!?

 およそ想像できる最悪の事態が起こるよ!?

 うわぁ大変だよ最悪だってよ勘弁してよ! 自分の“楽”のためなら人類がどうなっても良いってのかよ素晴らしい思考してるな俺っ!
 でもねしょうがないんだよ仕方無いんだよ仕様が無いんだよ。
 だってねあのねそれはねきっとね、

 そこに『ラジアータストーリーズ』があるから!!

 いやっほぅーーーーい! トライエース、最っ高ーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!






 というわけで『ラジアータストーリーズ』買います。
 スターオーシャン大好きっ子ですから、自分。というか、あの無茶な隠しダンジョンが大好きでして。今回ももちろんやってくれるはずです。なんたってトライエースさんですもの。
 コンシューマーのゲームをプレイするの……一年ぶり? あ、FF11を抜かせば、ですが。自分の記憶が正しければラストにプレイしたのは『スターオーシャン3』だったはず。うん、そうすると大体一年くらいになりますねー。
 ドラクエ8、やってないんですよね……。ドラクエ全制覇していた身でありながら、しかも発売後の評判もすこぶる良いというのに、何故かまったくやる気が起こらないのです。どうしたんでしょうねこの心変わりっぷりは。去年か一昨年あたりの自分だったら貪るようにのめり込んでいたに違いないというのに、今ではなんか無我の境地を会得した僧のように落ち着いていますよ。我此処に在れど我此処に無し。みたいな。
 『ラジアータストーリーズ』も別にそんなに「ほっすぃーーーーー!」ってほど欲しいわけではないのですよ。では何故購入を決意したのか。それはですね。あのですね。

 ヒロインのおにゃのこに萌えたとか

 やはり自分スターオーシャンが好きですし。隠しダンジョン大好きですし。つまりはトライエースが好きですし。
 うん、そういうことですね。
 ラジアータ、発売日は27日です。そしてその日は漫画版月姫二巻の発売日なのです! ウッホゥ! 27日は忙しくなりそうだぜ! この日ッセイを読んだ方、27日の日ッセイに手抜きの匂いを感じたらせせら笑ってください。ボク、騎士になってるんで。

 それでは今日の日ッセイはこれで終了っすよー。さぁ、日曜のアニメ&特撮ラッシュに備えてお風呂にでも入ってこようかしらね! グッバイシーユーまた明日ーーー!
[PR]
by kyo-orz | 2005-01-23 04:50 | ゲーム記
サンクスのキャンペーン

 只今サンクスで絶賛好評中のなんとかキャンペーンで、お弁当やサンドイッチを購入するとクジが引けるのですよ。A.B.C賞の三つがありまして、どれもピーターラビトのマグカップです。三つに分ける必要があったのだろうかと疑問に思いましたが、よくよく見てみると微妙に柄が違うことが判明。当選したお客さんがそのことに気付くことは一体あるのでしょうか。不安でなりません。

 自分はとても欲しいですが。

 それなりの大きさのマグカップで、現在自分が使用しているものより少々大きいのです。
 朝は毎日優雅に紅茶を嗜む自分ですので、カップは大きく、そして自分で選んだもので飲みたいのです! 日々の小さな幸福……それこそが本当の幸せなのですッ!
 というわけでクジ引いてみました。店長に遠回しに「あぁ、あれ、良いですねぇ」と言ったのに「そうだねぇ」としか返ってこなかったので正攻法で立ち向かうしかありません。
クジ対象商品の中で一番安かったツナサンドイッチでチャレンジしました。
 店長の「クジ引くの?」という蔑みの視線を意に介さず、裂帛の気合いを込めて一枚のクジを引き当てました。
 店長の「当たって欲しいと思うときってのは当たらないものなんだよ」という人の道外れた暴言を受け流し、慎重にクジを開いていきます。
 そこに記されていた文字は――――

 B賞 おめでとうございます!


 うお……



 なんかリアルに嬉しいんですけど。



 店長の地味な妨害工作を撥ね退け手に入れたマグカップ。
 次の日、早速紅茶を注ぎ、飲んでみました。

 自分で手に入れたカップで飲む紅茶は、想像以上に――臭かったです。

 ……やっぱり一回洗っておくべきだったかな。開封したて処女一番絞りを頂いたのは失敗だったようです。新品の陶器の匂いが紅茶まで侵食して臭いのなんの。香ばしい香りが味と同等に大切である紅茶に、その匂いは毒です毒。劇毒っすよ。
 楽しみにしていた初体験がこんなことになってしまったけど、ちゃんと洗浄して清らかな体になったあの子ならもう大丈夫です。きっと毎朝その体に赤々とした液体を満たして僕を悦ばすでしょう。

 へへっ、朝が来るのを俺の赤々とした長いモノが待ちわびてるゼッ!



 うん、何事も中途半端は良くないね。そんなことを痛切に自覚した今日の日ッセイ、如何だったでしょうか。詰まらないと感じてしまった方、申し訳ありませんでした。面白いと思ってくださった方、むしろそちらのほうがすいませんでした。
 人は反省し、後悔を経て、強くなる。そう、明日はもっと強くなっていると信じて!
 もうワケが分かりません!!
 それでは強制的にお疲れ様でした。そして強制的にグッバイです!
[PR]
by kyo-orz | 2005-01-22 03:29 | 戯言などなど
  

オタク丸出し五臓六腑だだ漏れのKyoがお送りするイタ気持ちいいブログです。作戦は「まったり行こうぜ!」で。
by kyo-orz
プロフィールを見る
画像一覧
最新のトラックバック
今井メロ 結婚出産と流出動画
from 今井メロ 結婚・出産
AKB48をぱくった!?..
from AKBN 0はエーケービーエ..
これはもまれすぎでしょ ..
from 【おっぱい】 もまれまくり ..
井上和香ハメ撮り流出騒動..
from 【ワカパイ】 井上和香 ハメ..
99憶は高すぎね!?ヤフ..
from ヤフオクに愛知県のGカップ女..
めもめもめもー
●リンク
その①
 友人でごんす。
 絵描きさんだよ!
TOKIWASOWch/101




WEB拍手
気軽に一言どぞー。

ファン
ブログジャンル
画像一覧