<   2004年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧
今年一年総括

 ちょっと考えてみたら、今日の午後10時~午前3時までバイトなので、年明けをバイト先で迎えることになるので、一年を振り返る時期は今しか無いと判断したので、こんな朝っぱらからつらつらと綴らせていただきますよ。

 なにはともあれ今年一番の衝撃といったらTYEP-MOONさんの『Fate / stay night』をおいて他にはありませんね! 一年の初っ端が自分の絶頂でした。そこから下っていくばかりです。
 同人から商業に移り、自分と黒小僧の「ホントに大丈夫なのかTYEP-MOONさん……ヤッチマッタってこたぁ無いよな……」という心配を見事に――完膚なきまでに跳ね除け、素晴らしい作品を世に送り出してくれました。改めて奈須さんの世界の深さを知らしめられ、その存在は尊敬の域にまで達しております。これからもこの業界に多大な影響力を与えつつ、己が道を突き進んで欲しいものです。頑張れTYEP-MOON! ボクを入社させてくれ頼みますからお願いしますからぁん!!

 次は――そうですね。もう何も思い浮かばないんですが、あえて何かを探すとすると……文章能力の向上が著しい年であったと実感していておりますですよ。あぁ! 止めて! 何も書いてないくせにナニをほざいてやがるとか言わないで!!
 お、落ち着いて自分の話を聞いてください。自分が始めて物語を紡いだのは一年と三ヶ月前のSS大会だったのですよ。そこで『黄泉路』を書き上げたのが始めでした。エキサイトのカスガさんとW.AさんのSSに影響を受け、自分でも書いてみようと思いたち出場した大会でなんの陰謀か四位をいただいたことにより調子にのって続いての大会にも出ていったんですよねー。
 いまになって『黄泉路』を読んでみると、自分がどの程度成長したかがよく分かります。文章の基礎を知り、物語の基礎を知り、起承転結は考えてないけど、どうすれば面白い作品が書けるのかライトノベルやゲームとかSSサイトを巡ったりしながら学び、活かそうと尽力したこの一年……やっとド素人の「ド」が取れるほどにはなったのではないかと思っております。あ、なんか今「書くスピードは超ド級で遅いけどな」って声が聞こえた。あ、あれ? それが聞こえたって打ってるだけで涙が止まらないよジョニー。悲しいな、悲しいね。頑張るか、頑張ろう。よし、元気出た。もうあたい泣かないよっ!
 うん、来年はそうですね――何度もいってますが――コンスタントに書き続けることの出来る普遍性を身につけましょう。っていうかそんなの己の心構え一つで達成できることですよね。うーむ、来年は精神修行か……。己と向き合い、己を見いだし、己を信ずる。さすれば道は開かれん。さぁ座禅を組め! 心を無にするのじゃ! 喝ッ!!

 じゃ、綺麗に纏まったところで終わりにしようかな。まったくもって物凄く書き足りてないと自覚しているので、何か思いついたら追記していくと思います。あんまり期待せずに、おコタでぬくぬく温まりながらぼんやりとお待ちくださいな。
 それではグッバーイでーす! よいお年を!ってこの時期に言う言葉でしたっけ?
[PR]
by kyo-orz | 2004-12-31 09:00 | 戯言などなど
白くて白くて白発中!!

 雪だっ!!


 みんな、雪だよッ! 昼起きて窓を開けたら白銀の世界だったよ!!
 この間ちらほらと降る雪は見たのですが、こうしてガッツリ積もってるのは今冬初ですね! いやぁ~、毎年「あー寒い寒い雪なんか死滅してしまえ」と呪詛を吐く自分ですけど、部屋の中で見てる分にはとても綺麗で良いですよねー。さぁて、さっき窓から外を眺めてから随分時間経ってるけど、雪はどんな調子かなー。
 …………か、な……って、



 めっさめさ積もってるんですけど。




 今年一年の降り収めじゃいとばかりにこんもりと積もりあそばせてますがな。ちょ、ちょっと待ってよ。近いうちにAIRの家に行って色々なブツを受け取ろうと思ってたのに、こんなもっさりと雪が積もってる中自分が車を走らせたら1429%事故るじゃないですか!! 原チャか! 小回りのきく原動機付き自転車であの遠い地平まで転がっていけってか!!??
 うぅ、お外に出たくないよう。ずっとお家に居たいよう。雪が解けて、風が春を運んできたら、笑顔で玄関を潜ろう。それまでは、毎日温かいお部屋で死者のようにダラダラしていよう。そうしよう。
 寒いの嫌い。冷たいの大っ嫌い。雪、ところにより嫌い。解けてぐじゃぐじゃになった雪、  最悪ですっ。

 太陽神ラーよ! 今一度我が願いを聞きいれよ! 日本に春を! いや、もういっそのこと俺の周囲1mくらいに常に春を!! すぷりんぐ ぷりーず フォーエヴァー!!


 こんな超マジなお願いを遺して、今日は終了しますですよ。おつかれさまでした。また明日ッス! 風邪ひかないように気をつけるんスよ!!
[PR]
by kyo-orz | 2004-12-30 06:06 | 日常記
『STEEL』体験版やったよ


 「Graviton」さんの新作――というか処女作ですね――の体験版が公開されたので、ビシバシとプレイングしてみましたー。
 アニメ調の塗りが気に入ったし、ストーリーも自分が注目している「たまソフト」さんの『LOST CHILD』っぽくて興味を惹かれたのですよ。

 まぁ、実のところを申しますとデモムービーをダウンロードしようとしたのに間違って体験版を落としてしまったので仕方なくプレイしたというのがホントの話なんですが……。いくらなんでも200メガのデモムービーは無いだろと何処かで思いつつも、昨今のボリュームインフレの所為か、なんて自分を納得させて最後までダウンロードしちゃいました。てへっ。

 この体験版は一章の途中までプレイできるものなのですが、感想は――



 『痕』だ。



 この一言に尽きますね。「一言でこのゲームを説明してください」と依頼されたら間違いなくこう答えますです。
 四姉妹ですしー、NScripterっぽい画面ですしー、アニマってのが鬼みたいな感じですしー。なんか「領域<パトス>」(たしか)とか「自身の世界」とか難しい言葉が色々と出てきましたが、自分が抱いた印象は「『痕』だ」、でしたねー。

 序盤、余りにも笑えないギャグにアンインストールをし掛けるも、物語上重要っぽい女の子が良いキャラだったので続行。そうしてつい先ほど体験版を終わらせたんですが、終了付近のシナリオなんかはかなり面白かったです。

 製品版買っちゃうかも。

 と、思ってしまったほどです。懐に余裕があれば確実に買うでしょう。
 デモムービーを見ただけは抱かなかった購買意欲……これが、体験版の広告効果なのかッ! と痛感しましたのよ。ほほほ。
 ま、こういうストーリーは黒小僧の大好物なので、もしかしたら奴が買ってまう恐れもありますな。いや、しかし奴は一月に「Berkana」さんの『鬼魂』を買うはず……。奴が『鬼魂』を買い、自分が『STEEL』を買う。これでお相子、みんなハッピーっ! ひゃっほぅ~~い!!
 よし、じゃ、そういう方向でいこう。

 ちらりとでも『STEEL』に興味が湧いたら体験版をプレイしてみてくださいなー。あ、その際、デモムービーは見ないほうが良いと思います。自分がプレイして思ったことです。まぁ、そんなに大したことじゃないので、皆様方のご自由になさっても宜しいですわよ? おーッほっほっほ。

 それじゃ年末31日と年始1日連続でバイトだよチキショーなKyoがお送りしましたー。おつかれさまでした。また明日ッス!
[PR]
by kyo-orz | 2004-12-29 06:31 | エロゲー記
『欠けしもの達の満ちた日常』が行くッ!(弐

「――で、今回は何のお話をすればよろしいのですか?」

「うわぁ、そんな唐突な」

「何を仰いますか。いつものことではありませんか」

「あー、まぁそうか。これ以外の『30分創作』なんてホント突然始まるもんね」

「Kyo様の突拍子も存在意義も無い突発創作に着いてきてくださる方がいるか、不安でしょうがありませんわ」

「言い切ったね。さすが我が妹。これでKyoは一日中凹んでるなきっと」

「そんな小鹿のような精神ではこれから先やっていけませんわよ」

「社会の荒波に呑まれて消えちゃうね」

「行き着く先は下水か廃墟か……嗚呼、嘆かわしい」

「せめて家は持とうね、Kyo。頑張るんだよ――って違う。今日はKyoの駄目未来を励ましてる暇は無いんだよ」

「あら、そうなんですの?」

「Kyoのことも大事っちゃ大事だけど、それよりも大切なお知らせがあるんだ」

そのようなもの星の数ほど御座いますわ。一体なんですの?」

「今日は舌が冴えてるね由兎。お兄ちゃんは嬉しいぞ。それで、そのお知らせなんだけど、現在鋭意執筆中(※本人談)の『妖狐探訪記』についてなんだ」

「ああ、すでに五ヶ月も放置しているあの物語ですか。ついに記憶から抹消することを決意なされたとか、そういう話ですか?」

「違う違う。いたって前向きな話。イッツポジティブシンキングな話」

「そうなのですか。それは良いことですわね」

「うん。やっとこさ七話の書き出しが決まったっていう話なんだ。ベリーポジティブでしょ?」

「……え、……七話の……書き出し……?」

「うん。七話の書き出し」

「掲載されているお話は六話までですよね?」

「そうだね」

「もう掲載してから五ヶ月経ってますよね?」

「そうだね」

「それで、『七話の書き出し』なんですか?」

「そうだよ」

「……確かに、とてもポジティブなシンキングですわね」

「僕もそう思うよ」

「……Kyo様は、一度社会の荒波に揉まれてきたほうが宜しいのでは?」

「僕もそう思うよ。けど、そうしたら藻屑と化しちゃうんだよね」

「………………下水にも廃墟にも辿り着きませんか」

「悲しいことだけど」

「……はぁ。私達はそんな瑣末なことを知らせるために駆り出されたのですか」

「そうだね。trivialだね。トリビアだね。無駄知識だね」

「私、なんだか疲れてしまいました……」

「僕ももう眠いなぁ。明日、朝一で体育なんだよね。本格派雪合戦やるんだ」

「そーですか。頑張って雪球をぶつけられつつ旗に向かって爆走してくださいまし」

「じゃ、由兎のやる気が消え失せたところで、今日は終わりだね」

「『妖狐探訪記』、ラストに向けて収束しております。Kyo様の作品の中では最も長いので、どのようにして纏め、終わらせるのか、非常に楽しみですね」

「素晴らしい棒読みサンクス妹よ! じゃ~、またいつか会う日まで、さようなら~!」

「ごきげんよう、皆様」











「今日はいつになく自虐が激しかったね」

「少しは反省しているんですかね」

「これでまた放置したら最悪だね」

「人としての価値皆無ですわね」

「早いところ僕等の話書いてもらわなくちゃいけないし、頑張ってもらわないとね」

「このコーナーだけで人生を終えるのだけは嫌ですわ」

「……狂おしく同意。ここじゃ僕等の設定を活かすことができないしね」

「『欠けしもの』である必要ないですものね……」

「結構色々考えたんだしさ、頑張ろうよKyo」

「あの無駄に長い設定資料を無用の長物とするのは勿体ないですわよ」

「父さんと母さんが暴動起こすぞその内」

「お二人がここに出るようになったら、本格的に危険と考えて宜しいのでしょうか?」

「そうだね。……考えたくないけど」

「……祈りましょうか、神に」

「――うん、祈ろうか。神に」




「「あ~めん」」
[PR]
by kyo-orz | 2004-12-28 05:21 | Kyoの30分創作
クラナドなどドゥーブルマロン! ※藤林姉妹 勝平 ことみ 終


 まずはさくっと勝平からー。



 椋の看護婦姿サンキュウッ!!



 よし、次だ次。
 お次は藤林妹ー。


 平坦なストーリーってこういうのを言うんですね。


 まぁ登場人物紹介でもOPム-ビーでも後ろのほうに居ますし、おまけ程度のシナリオだったと考えることにしましょう。明らかに姉シナリオ製作中にシナリオライターの気まぐれで誕生したシナリオって感じしますし。ああ可哀相な椋。そうか、だから勝平と結ばれたのか。本編じゃ報われないけどこっちのルートでは幸せにやってくれ、という開発者の想いが詰まった娘なんですね。ええ話やないか。
 よっしゃ、終わり。


 次からはまともにやりますよー。藤林 杏デース。
 葛藤し、すれ違い、傷つけあった――でも、それでも辿り着いたあの場所が心地良かった……。
 こんな感じぃ? 妹のシナリオが平坦だった所為か、姉のほうは山あり谷あり修羅場ありの見事なストーリーになっております。
 雨の中、姉抱擁のシーンなんかはかなり良かったです。というかあそこが一番の見せ場ですね。あ、椋に扮した杏に朋也が己の感情を正直に告白する場面も良いですな。
 しかし良い場面と良い場面に間が開きすぎている感じもしました。ズガーン………………ズガーン………………ズガーン……終わり。これではアカデミーは狙えません。椋が段々積極的になっていくところなんかは小出しにするより一発ドドーンと変貌させちゃったほうが良かったと思うのだが如何かKeyさんや(誰だ)。
 まぁ……エピローグの杏が可愛かったから良いけど。
 うむ、杏についてはこのくらいですかな。


 ぃよっし、ラスト! ことみッス!



 鞄……鞄ーーーッ!



 もう……これだけで分かっていただけると思います。そして、これ以上の言葉は必要ないと思います……。
 親の愛が国境を越え、世界各地を旅し、こんな小さな島国にまで届いたのです。世界に革命を起こすはずだった論文を捨て、そこに娘への最期の言葉と想いを詰めた。死の直前にあって、それを迷いなく行動に移せる……嗚呼、これぞ愛!
 ええモン見せてもらいました。ダークネスブルーな自分の心がスノーホワイトになりました。驚きの白。脅威の白。衝撃の白。※酵素の力は使われておりません。


 これで残るは美佐枝さんと智代のみになりましたな。いやぁなかなか長かった。あ、まだ「アフター」ってのも残ってるんですね。くふふ、まだまだ楽しませてくれそうじゃわい。
 それじゃ、今日の『CLANNAD』レビューはここらで終わりっすよ! おつかれさまでした! また明日ッス!!
[PR]
by kyo-orz | 2004-12-27 05:33 | ゲーム記
サンタさんは居たんだ!!

 もう何年もの間、クリスマスにサンタさんからプレゼントをもらっていません。
 きっとボクがわるい子だったからです。
 でも、今年は頑張りました。

 FateもCLANNADもやりました。

 だからサンタさんがプレゼントをくれました。
 こんなに頑張ったボクにご褒美をくれました。





b0067055_735272.jpg








 うわぁいうれしいな。





 ありがとうおかあサンタさん。そんなにボクにスナック菓子を食べさせて生活習慣病を患わせたいですか。一番上にあった「あにまるきっど」という食べっこどうぶつのパクリビスケットにどこか悪意を感じます。穿ちすぎでしょうか。お前は畜生以下だと暗に訴えられてないでしょうか。不安で不安で仕方アリマセン。



 あ、





 今年ケーキ食べてないし!!




 なんのためのクリスマスだってんだ……。大晦日も元旦もバイトなボクをこれ以上苦しめないでくれ! 反転してやるぞッ!! ムキーーーー!!


 メリークリスマス! イエス聖誕! チャップリン命日!!
 ぃよし、それじゃ、今日のところはこれくらいで勘弁してやる。
 グッバイ センキュー また明日!!
[PR]
by kyo-orz | 2004-12-26 07:14 | 戯言などなど
ひぐらしイメージサウンドアルバム『もうなかないで』

 同人音楽サークルWAVEさんの冬コミ新作です。もう一つ東方アレンジCDも発売しますけど、今回は『ひぐらしのく頃に』イメージサウンドアルバム「もうかないで」の紹介なのです。
 本日よりDEMO版の配布とのことで、「どんなもんだろーか」くらいの気持ちで聴いたところ……良い。
 視聴できるのはtrack1~2のフルバージョンがくっ付いたものです。一曲目は独特かつどこか懐かしいノスタルジックな曲調のピアノ曲で、初っ端に醸しだされる効果音が強烈でございます。冒頭部の効果音さえなければとても落ち着く、雛見沢を思い起こさせる癒し曲です。
 そんな曲に続いて流れるtrack2。結晶系民族音楽? 的な導入から入る歌声。あ、ボーカル曲もあるのか~なんて思う暇も無く意識を奪われた――

 一発で惚れた。

 もうベタ惚れ。反則。ここがラスベガスだったら黒服につまみ出されますよ!
 力強い女性ボーカル、民族、結晶、芸術的ハーモニー……ああ、駄目だって。そんなに自分のツボを押すと何か出ちゃいますってば。恐らく汁状のナニカが。

 WAVEさん「少女病」さんの『Fake / ever since』に楽曲を提供したり――というか「Fate/stay night」 アレンジアルバム 『AVALON』の製作をされたサークルさんと言ったほうが通りが良いですかね。
 そしてなんと商業のお仕事もいくつかされているのです。技術はもう疑う余地無しですね。
 さぁさぁ、今すぐWAVEさんのHPへ行き、『もうかないで』のDEMOを聴くのです。コミケに行こうと思ってる人いたらごめんなさいね購入リストに問答無用で入っちゃうサークルさん紹介しちゃって。コミケに行かない人ごめんなさいね委託販売を待つあまり心を張り裂けさせちゃって。
 って、もう委託販売されてる……の? 販売中って表記されてますなぁ。あれ、でも「とらのあな」様にて先行予約受付中です、とも書いてある。い、委託販売ってナニ? 結局発売されてるのかいないのかハッキリなさい! おぢさんの心がバーニングハートしちゃうだろ!!

 ということなので適当に情報を集めつつ心待ちにしておりますです。
 他にもチェックしてる音楽CDがあるので楽しみですね~。はよぅメロンブックスで販売されませんかのぅ。いまのところ購入予定は四枚ですな。くくっ、楽しい年始になりそうじゃわい。
 ぃよっしゃ、それじゃ今日はこのへんで終了にしますよ。おつかれさまでした、また明日ッス!
[PR]
by kyo-orz | 2004-12-25 06:10 | 戯言などなど
ゆめまぼろし~夢幻~


 そこは、暗かった。
 光が無い故に暗いのではない。
 闇がそこに集うから暗いのだ。

 光すら恐れる暗闇。ここは、暗黒世界。

 黒い世界が揺らぐ。
 そこには二人の人間の姿があった。
 ――いや、姿形の捉えることが出来ない存在は、果たして人と言えるだろうか。
 それは悪魔であるかもしれないし、鬼であるかもしれない。
 もしくは、何も“無い”のかもしれない。
 だが、そこには確かに二つの存在があった。
 それらは互いを視覚せぬまま対峙していた。

「……あ、」

 長い沈黙を経て、片方が言葉を紡ぐ。
 でたらめに縫われ閉じられた口から漏れ出るような、歪な音。

「あ、ああんたの依頼の品は、ここここれかい?」

 闇が戦慄くように震えた。
 震えの中心には一振りの刀。
 絶対的な支配力を持つ暗黒ですら滲ませる、圧倒的な存在感の無さ。
 例えるならそれは雪の結晶。
 その存在を認めたときにはもう消えている。そんな儚さ。

「ご注文どどおりの出来だろろろ? ば、獏の涙を集めるのに苦労した。へ、へへへへ」

 夢の担い手、獏。
 その一滴はこの世のあらゆる事象を夢へと変化させるという。
 幻の世界を創造し、現実世界を有耶無耶にする。
 刀は、その力を受け継いでいた。

「め、銘は『夢幻』。へへ、へ、そのまんまだとか言わないでくれよ。名は大切だ。世界にて、てて定義してやらなきゃならねぇ。“力”を持つ刀ならなおさらだ」

 カシュンッ、という心地良い音。刀が鞘に仕舞われた音。
 その音で世界は現実に戻る。夢幻が終わる。
 黒が蔓延る暗闇の世界がやってくる。

「ほ、ほ、本来は刀との相性を確かめるんだが、あ、ああんたならも、問題ないだろ」

 刀を差し出す。

「自己が無いあああんたなら、“夢幻”の影響は受けない。ききき、消えちまうことはあるかもしれないけどな。へへへ、へへへ」

 夢が渡る。幻のような存在に渡る。

 其が斬るはなにか。
 其が断つはなにか。
 夢と幻を携え、限りない無に立ち向かうか。
 力は得た。刀は得た。

 ――“夢幻”を、得た。


 暗黒に残った一つの存在。
 出来の悪い人形のように話すその存在は、己しか存在しない空間で呟いた。
 どこか、悲しげな口調で。

「ひ、人の夢と書いて儚い、か。あああんたは、夢に取り込まれるなよよ」

 そうして、暗闇から一切の存在が消えた。


 それはあたかも泡沫の夢のように―――


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 このお話は、現在鋭意妄想中の新作に登場する人物のお話ですよ。
 刀あり! 魔法あり! 忍者あり! 銃器あり! 格闘あり!
 そんな、「ごった煮ふぁんたじ~(?)」になっております。とりあえず人物と世界設定を決めて、あとは好き勝手にそいつらを動かしていこう、というコンセプトを元に妄想された適当物語なのですよッ! それはコンセプトとは言わないって言う人嫌いです。
 折を見て書き始めようとか企んでます。己の快楽のためだけに書こうとしてます。自己満足って言葉、とても良い言葉だと思いますっ。

 ぃよっし、それじゃ今日はここいらで終了なのですよ。おつかれさまでした。また明日なのです!
[PR]
by kyo-orz | 2004-12-24 03:51 | Kyoの30分創作
なにか物足りないと思ったら……

 ここ更新すんの忘れてんじゃん!!

 危ない危ない。ナチュラルソフトにヤッちまうところでしたなぁ。
 うーむ、何故にこんな時間まで気付かなかったのか。今日はバイト終わってからなにをしてたんでしょ……。ナニはシテナイハズ。
 毎日の日課である日記更新。これをしないと、常に頭になにか引っ掛っているような違和感が付き纏うようになってしまいましたよー。これって日記中毒? 日記依存症? いやぁ、便利なのか面倒なのか(笑)。

 あ、そうですそうです。SS大会に提出する作品、完成しましたぜっ! HeHeHe!! まだ一週間も残ってやがるYo!! 余裕のヨッチャンだZe!!
 実は一昨日にはもう完成していて、最後の「寝かせ」の段階にあったのですよ。あとは今日内容の最終確認をして、校正をし、ズビズバァっと提出ッス! 久しぶりの余裕ある提出だぁ……(感涙)。
 すでに気に食わない箇所がいくつかあるけど、今から変えようの無いところばかりだし、これはこれで気に入っているのでこのままイってみまふ。
 ラスト大会には何人が参加するんでしょーかねー。出来るだけ多く、そして過去に上位入賞しているような猛者が集っていると嬉しいですな。そのなかでトップを取ることがどれだけの快感になるか想像できませぬぞ!! へへっ、武者震いがしやがるぜ……。いや決してこの時点でもう自信が無いとかじゃアリマセンから。ボクは夢と希望に満ち溢れてますカラ。あのお空の向こうには翼の少女が待っているのデスカラ。

 うむ、そんなこんなで今日の日ッセイは終わりですな。バイト中に初雪(自分は)が見れて「うふふふふ」なKyoがお送りしましたー! おつかれさまッス。また明日ー!
[PR]
by kyo-orz | 2004-12-23 17:42 | 戯言などなど
岐路に立ったとかそんな話


 いわゆる一つの重大な決断とやらをしましたよ。あ、十代でもそんなに変わりないかもね。ボクはもうそんなに若くないけれど。……月日の流れって残酷ネ。

 実は決意自体は結構前からしていたのですが、こうして決断に踏み切るには色々なしがらみが多くてそうも簡単にいかなかったのです。まぁそのしがらみとやらも解放された今となっちゃ背中を後押しする要因になっているので、悪いものでもなかったかなと思えるのですが。

 やると決めたからにはやるしかないし、後悔している暇も必要性も無い。ただひたすらに前を見ていないと飲み込まれてしまう。あるいはひたすらに進んだとしても報われないかもしれない。けど、自分にはそれしか無いと認識しているし、それ以外だと腐ってしまうことも自覚している。

 故の決意表明。
 もう後戻りは出来ないぞ、という自己への警告――いや、確認。

 それでもボクは歩いていく。
 目指す場所まで。到達すべき場所まで。
 困難が待ち受けているだろう。道半ばで挫折するかもしれない。ゴール目前で力尽きる恐れもある。

 それでも、ボクは行くんだ。


 あの、虹の付け根までッ!!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ふむ、どうも自分は“終始真面目な話をする”というスキルが激烈に足りていないらしいです。考えが甘いのか、集中力が足りないのか、そもそも実は真面目な話が書けないのか。諸説諸々、可能性は無限大。いっつ ぱられるわーるど!!
 よしいつも通りの自分だ。それでは自己の確認を終えたところで日ッセイも終えますよー。御疲れ様でした。また明日でございます!
[PR]
by kyo-orz | 2004-12-22 05:04 | 戯言などなど
  

オタク丸出し五臓六腑だだ漏れのKyoがお送りするイタ気持ちいいブログです。作戦は「まったり行こうぜ!」で。
by kyo-orz
プロフィールを見る
画像一覧
最新のトラックバック
今井メロ 結婚出産と流出動画
from 今井メロ 結婚・出産
AKB48をぱくった!?..
from AKBN 0はエーケービーエ..
これはもまれすぎでしょ ..
from 【おっぱい】 もまれまくり ..
井上和香ハメ撮り流出騒動..
from 【ワカパイ】 井上和香 ハメ..
99憶は高すぎね!?ヤフ..
from ヤフオクに愛知県のGカップ女..
めもめもめもー
●リンク
その①
 友人でごんす。
 絵描きさんだよ!
TOKIWASOWch/101




WEB拍手
気軽に一言どぞー。

ファン
ブログジャンル
画像一覧